創業するなら倉敷で!KVOは倉敷市が運営する施設です。創業支援とオフィス賃貸を行っています。



出張等で不在の場合があります。
 お急ぎの方は倉敷市商工課(086-426-3405)へ
空室
2室あり

創業(手続、事業計画、借入)、KVO入居、経営全般、お気軽にご相談を!

入居手続

くらしきベンチャーオフィス(KVO)は

  • ・起業家の創出および
  • ・地域経済の活性化を図ることを目的として
    倉敷市が運営するインキュベーション(起業支援)施設です。
    一般の賃貸物件とは設立・運営に関する主旨が異なることをあらかじめご了承ください。

 

KVOの入居要件

(1)対象者

(2)の事業を営み、以下のすべてに該当する者
■高梁川流域市町に住民票/法人登記があること
■KVOを主たる事業拠点とすること
■代表者が自ら事業に当たること
■入居申込時において事業開始/法人設立後5年を経過していないこと
■法人の場合は、株式・合名・合資・合同会社、企業組合、一般社団法、NPOのいずれかであること
■市町村税を滞納していないこと
■暴力団関係者ではないこと
(2)対象事業
次のいずれにも該当する事業

■施設内に不特定多数の者の出入りが想定されない事業
■販売代理店・フランチャイズ契約に基づかない事業
■法令・公序良俗に反しない事業
■射幸心をあおるおそれがない事業
(3)入居期間

原則3年以内+延長1年(要審査)

(4)賃借料

中貸事務室(約20㎡):月額30,857円、小貸事務室(約7㎡):月額10,285円

※共益費、電気代、インターネット接続料(市が用意するネットワークに限る)を含みます。

(5)敷金

賃借料の3ヶ月分

 

入居手続(申請~審査)

(1)応募(次の書類を提出)
①個人の場合
ア.事業計画書(KVO入居申請用)
「事業計画書(KVO入居申請用)」 Microsoft Word形式
「事業計画書(KVO入居申請用)」 PDF形式
イ.住民票の写し(1ヶ月以内)
ウ.市町村の納税証明書(1ヶ月以内)及び直近3年分の確定申告書の控え(既に事業をおこなっている場合
エ.事業案内(任意)
オ.その他市長が必要とする書類
②会社の場合
ア.①の事業計画書(KVO入居申請用)
イ.法人登記事項証明書(1ヶ月以内)
ウ.市町村の納税証明書(1ヶ月以内) ※会社のもの
エ.直近3年分の決算書
オ.定款
カ.会社案内(任意)
キ.その他市長が必要とする書類
(2)入居審査の流れ


入居審査の流れ

※上記の入居要件、手続及び入居後に守っていただくルール等の詳細は、
   『施設のご案内と入居手続について』をご確認ください。

 

お問い合わせ、ご相談

  • ・事業計画書の作成についてはインキュベーションマネージャー(IM)が説明、サポートします。
  • ・入居に関するお尋ねと合わせて、お気軽にご相談ください

 

インキュベーションマネージャー
目黒 秀二(めぐろ しゅうじ)