創業するなら倉敷で!KVOは倉敷市が運営する施設です。創業支援とオフィス賃貸を行っています。



出張等で不在の場合があります。
 お急ぎの方は倉敷市商工課(086-426-3405)へ
空室
4室あり

創業(手続、事業計画、借入)、KVO入居、経営全般、お気軽にご相談を!

彩葉・・・KVO6号室

事業内容と貴社のセールスポイントを教えてください。

普段、急須で飲む習慣がない人でも簡単・手軽に本格的な日本茶を味わえるドリップ式ティーバッグを中心に商品を販売しております。
 茶葉離れが進む若者、特に若い女性に向けて、お茶を飲む時間に「楽しみ」を届ける商品作りをしています。

 

経営理念、社訓等とそれを定めた思いを聞かせてください。

彩葉では3つの想いを皆さまへ届けたいと思っております。
1、何気ない日常に「彩り」を届けること。
 洋服やアクセサリーのようにその日の気分で選べるお茶がある暮らしを目指します。
2、新しい自分を発見する「喜び」を届けること。
 様々な人と出会うことで、人は成長していくように、日本茶の多彩な味わいと出会うことで、人生をより豊かにしていきます。
3、日常を彩るお茶がある暮らしを届けること。
 お茶は今から4000年以上も前から存在し、今でも飲み物として日常生活に欠かせない存在です。
今後もこのような存在であり続けていくために、彩葉ではお茶との新しい出会いを届ける商品作りやライフスタイル提案を発信していきます。

 

今後のビジョン(3年後になりたい姿)は?

ケーキ屋さんやお菓子屋さんのように気軽に入れるお茶屋さん、さらに気軽に試飲ができ、淹れ方で変幻自在に味わいが変化する日本茶の奥深さを発信していく日本茶カフェをオープンすることです。

 

創業するまでの経歴、経験を聞かせてください。

結婚するまで急須でお茶を飲む習慣がなく、ペットボトルや安いティーバッグでもそれなりにおいしいし、まずくて飲めないお茶なんてない、と思っていました。
しかし、入院期間中に飲んだ「まずいお茶」との出会いで私のお茶に対する意識は変わりました。
 家で飲んでいたお茶を思い返してみると、夫が日本茶インストラクターの資格取得後、日本全国から色々なお茶を取り揃え、様々なおいしいお茶に囲まれた生活がいつの間にか当たり前となっていたことに気がつきました。病室ではキッチンもないため、「ティーバッグ」に入れてもってきてくれ、「お茶を飲む」という何気ない日常に喜びを見つけることができたことが「iro-drip緑茶」誕生のきっかけとなりました。

 

創業するきっかけは?

「お茶生産者の方達」との出会いです。
彩葉で取り扱う茶葉は全国9ヶ所あります。その一軒一軒を訪問し、取引させてもらえるようにお願いに行きました。どこの誰かも分からない私達に、茶畑や工場について親切に案内してくれ、またお茶に対する熱い想いを聞かせて頂くことが出来ました。また、「ドリップ式ティーバッグという新しい市場を開拓したい」「若い世代へお茶との新しい出会いを届けたい」という私達の想いに共感して頂き、訪問した全ての生産者と取引させてもらえることになりました。なんの実績もない私達は、「断られて当たり前」と思っていたので、感謝の気持ちでいっぱいになりました。最初は趣味の延長から少しずつスタートしていこう、そんな風に思っていましたが、 お茶生産者の方達の真剣な想いや応援の声を聞き、創業する覚悟を決め、2017年1月、日本茶セレクトショップ彩葉を設立しました。

 

創業までと創業後の苦労話、工夫話を聞かせてください。

一番の苦労は「時間がないこと」です。
ちょうど彩葉設立のタイミングと出産が重なり、限られた時間のなか商品販売にむけて準備してきました。急に子供が熱を出したり、今後は私が体調を崩したり、余裕をもってスケジュールを立てているのですが、思わぬトラブルにいつも時間ギリギリ。予め時間を決め、出来る範囲でベストを尽くすことにしています。(もっと時間があれば…と思うことはたくさんあります。)

 

事業の今の様子は?

2017年6月にようやく「iro-drip緑茶」が完成し、販路開拓に向けてイベント等に出展しております。友人・知人に向けたプレオープン期間中では、想像以上にご注文頂きました。現在は、池田動物園やフラワーショップ、ネイルサロン等少しずつ商品を実際に手にとってもらえる場所を増やしております。

 

日頃気を付けていることは何ですか?

体調管理です。
限られた時間のなか集中して仕事をするにはベストな体調でなければ集中できません。特に寝不足には気をつけています。夜遅く仕事をすることがありますが、なるべく子供たちの寝かしつけと一緒に寝るようにしています。

 

今後の課題は何ですか?(経営資源、ビジネスモデルやマーケティング等)

まずは「iro-drip緑茶」を一人でも多くの人に知ってもらい、「日本茶の多彩な味わい」を体験してもらうことです。

 

これから創業する人達へのメッセージをお願いします。

創業するにあたり大変なことがたくさんあると思います。やってみて分かる苦労もあるかもしれません。
 たくさんの失敗もするかもしれません。それでも、今をより楽しいと感じるために、そして限られた時間のなか最高の人生を送るために、時代の変化を味方に、一歩ずつ前に進んでもらえればと思います。

 

KVOで事業を行うメリット、デメリットをお聞かせください。

一人で創業すると相談する相手がいないため、悩みを抱え込んでしまいますが、他の創業者と意見交換や情報交換を通じて、交流を深め、励まし合える環境が魅力です。駐車場がない点は不便ですが、運動不足解消のため、天気が良い日は自転車で通勤したいと思います。

 

彩葉
筒井 美穂さん

 

その他の応援メッセージ

KVOに関係する方々にインキュベーションマネージャーがインタビューしました。
その他の方々からの応援メッセージはこちらからご覧頂けます。